不動産を売る|必要な知識をつけることが大事|上手に不動産を選ぶコツ
住宅模型

必要な知識をつけることが大事|上手に不動産を選ぶコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産を売る

一軒家

転勤が決まり、住んでいる家を手放したい、親と同居が決まり、家を処分したい、マンションに住んでいるが一戸建て住宅に住み替えたい、親が亡くなり、家を処分したいなど現在、住んでいる家を処分したい時に行うことの一つに不動産売却があります。不動産売却の価格の傾向について説明します。家のある場所、マンション、一戸建て住宅によって異なる部分もありますが2012年11月が不動産売却の底辺となりそれ以降は、上り調子で不動産売却が活発となり、人気の都市や駅前などアクセス良好の場所は、価格が上がっています。まあ、不動産売却するとき、不動産屋に仲介に入ってもらうのと不動産屋に買い取ってもらうのとでは、買い取ってもらう方が買取価格が安くなります。

土地の売買の歴史は古く、聖徳太子の大化改新の時代に土地の私有化が始まりました。その後、江戸時代になり、町屋を貸し借りする賃貸が始まりました。明治時代に不動産業者が誕生したのです。明治時代を境に不動産業が活発となりました。第二次世界大戦後、マンションや一戸建て住宅の建設が盛んになり、家を持つ人も増えました。それによって不動産売却も盛んになりました。バブル期には不動産売却で利益を上げる人も増え、投資目的に利用する人など多くいました。その後、バブル崩壊後、不動産売却は、下火になりましたが、現在は、どん底から脱却し、不動産売却も上り調子になっており、様々な物件が売りに出されており、買う人も増えています。